3月12日から始まった予算特別委員会も一応終わりました。一応と書いたのは、実はまだ21日の知事保留質疑が残っているからです。
 予算委員会では福岡県の平成24年度予算を各部毎に審議し、委員と執行部(各部長と担当課長)が議論をするのですが、委員の質問に対する答弁が不十分な場合やまた県の最高責任者である知事の考えを聞くために直接知事の答弁を求める機会として知事保留質疑があります。
 その後、議会最終日の23日に予算特別委員長から議会に対して報告そして採決となります。

 今日の予算委員会では、警察本部交通企画課から「自転車事故の推移」の資料が提供されまし。
 「自転車」対「歩行者」の人身事故発生件数 が年々増加していました。
 平成19年 67件 平成20年 89件 平成21年 81件 平成22年 85件 平成23年 102件
 幸いなことに死亡事故は発生しておりません。
 最近はエコロジーブームもあり、自転車で通勤する方も増えていますが、中には歩道を猛スピードで走っている人も見受けられます。是非、気を付けて走っていただきたいいと思います。