土日の朝は、各校区でだいたいイベントが開かれていることが多いので、新人はなるべく顔と名前を有権者の皆さんに覚えていただくため、積極的にイベントに顔を出します。

 今日は、西区親善インディアカ大会(西市民体育館)、内浜校区健康づくり2011(小戸公園)等が開催されていますので、私もまず初めに地元の「内浜校区健康づくり2011」に参加させていただきました。
 大寒が過ぎで少しずつ暖かい天気が続いていますが、今日は天気も良くて絶好の日でした。
 参加者も小学生から一般まで幅広く参加しており、皆さん元気に小戸公園の中を走りました。今日は、また同時にRKBラジオの収録もあり、参加者にインタビューをしてました。

 地域の人たちが集まってのイベントは主催者側はとても大変ですが、昨今の世情を考えると地域の交流のためにはとても重要なことだと思います。特に内浜校区は町内会の数が姪北校区の新設により昨年4月から減っており、従来のイベントが出来ないのではないかと危ぶまれていました。しかしながら、今年度も後わずかですが、例年通りのイベントが行われています。これも現役員さんのおかげだと思います。感謝・感謝

 よく若い人で、「面倒くさいから地域の行事に参加しない」と言う方もいますので、私は「人は一人で生きていくことは出来ない。見えないところで誰かに助けられている。だからこそ地域の方との交流が必要」と説きますが、なかなかわかってもらえません。しかし、若い人だけではなく、一般的に「自己中病」が蔓延しているように思います。
P1000505P1000507