今日、午後、内浜中学校のPTA総会が開催されました。
 出席された保護者の下、昨年度の活動報告、決算報告等のご審議を頂き、無事、総会においてご承諾いただきました。その後、今年度の役員について、選考委員長から発表がありました。息子が3年生に在校していますが、「薄校長先生」から「古里校長先生」になりましたので、私もPTA会長を退き、役員も人事を刷新し、新しいPTA会長の下で新体制が始まります。
 4年間PTA会長を務めさせていただきましたが、「PTA活動を通じて、学校を知り子ども達の日々の成長を知り先生方の日々の苦労を知り学校に対する地域の皆さんの日々の応援を知り、また、身勝手なモンスターペアレントの存在も知るなど、いろいろな事を学ばせていただきました。」
 特に、教育の場で〝子ども達が成長していく姿に日々驚きを感じ、子ども達の素直さに学ぶ事も多々ありました。〟
 よく、学校の先生が悪いから教育現場が悪いと批判される方がいますが、今は、一概にそうとは限りません。身勝手な親が悪いケースもあります。現場の先生方のご苦労があまりにも、皆さんに伝わっていないように思えます。私は教育現場を目の当たりにして、先生方の日々のご苦労にただただ頭が下がる思いです。
 これからはこれらの多くの経験を生かして、県議会議員として教育問題にも積極的に取り組んで参ります。(感謝・感謝・感謝
<感謝状をいただきました。> <謝辞を述べさせていただきました。>
P1000742P1000745P1000743