今日の午前中は、中学校に内田美智子先生をお招きしてPTA主催による講演会を行いました。先生は、行橋市で助産婦さんをされており、西日本新聞社出版の「ここ-食卓から始まる生教育-」の著者でもいらっしゃいます。
 一部、二部構成の講演会ですが、一部では二年生(男女)と保護者、二部では保護者を対象としています。「思春期を生きるあなたたちへ」 というテーマで子ども達に、「あなた達が生まれてくるのにお母さんが命がけで生んだんですよ」と優しく語りかけていただきます。先生のお話を聞いていると、私も若くして亡くなった母の事をついつい想い出し涙しました。
 保護者のアンケートでは、毎回たくさんの感動を呼び、是非、来年もとの要望があり3年連続の講演会となりましたが、子ども達もきっとわかってくれただろうと思います。
P1000330P1000331P1000329






 夕方からは、福岡県農政連の推薦状の交付式があり出席して参りました。前回と同じ無所属ではありますが、今回は農政連の推薦をいただくことになりました。農政連の林委員長から推薦状をいただくと、推薦状の重みで身が引き締まる思いです。
 国の根幹である食糧政策、特に農業問題はとても重要です。政府はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の参加に前向きですが、まずは日本の食糧政策をどのようにしていくのか明確な方向性も示さないまま、参加することは断固反対です。安全・安心な食の確保のためにも、地域地域の実状に沿った農業政策を実施していくべきだと思います。
P1000360