原発の再稼働問題については、政府の対応に呆れます。
 菅総理と担当大臣(海江田経済産業相)の言っていることが違うのです。一般の会社であれば、社長と役職者が同一見解で物事を進めていくのが普通ですし、意見がわれていれば物事は上手く進みません。
 国会でのやり取りを見ていると、まるで、菅総理は「場当たり的に・混乱させるために言っている」ように思えてならないのです。
 折角、国会を延長しても何も進んでないのです。やはり、菅総理が辞めない限りは日本は前に進むことはできないのです。
 今のままでは、国会を延長した意味がなく、「原発よりも他のエネルギーに転換しなければならないから民意を問う、国会を解散する」と菅総理が言うこともあり得ます。誠に、情けないことです。今の現状を民主党の議員はおかしいと思わないのでしょうか?
  ところで、福岡県議会は、今日から予算特別委員会が始まりました。この予算委員会は全員の県議が出席するのではなく、各派で指名された議員によって構成されており、今年度の予算を審議します。
 私は今回はメンバーに入っておりませんが、質問しない議員は何もしない訳ではなく、用意していた質問を同じ会派の議員にお願いしたり、資料集めや裏方の作業をしています。